ETCカード 作り方 即日発行 楽天 おすすめ

ETCカードの作り方と即日発行をご希望なら楽天がおすすめです!

ETCカードだけで契約出来るカードは少ない

まず、ETCカードの作り方ということですが、多くの場合、ETCカードはクレジットカードなどに付帯しているもので、ETCカードだけ単独で契約出来るものは意外と多くありません。

 

結論から申しますと、ACマスターカードはETCカードが作ることが出来ません。

 

しかし、ETCカードを作る方法は他にありますので、まずはご安心下さい。

 

ETCカード単独で契約出来るものとしては、

 

・ETCパーソナルカード
・高速情報協同組合のETCカード
・阪神高速や首都高でお得な法人ETCカード

 

など代表的ですが、これらのETCカードに一貫して言えるのが、高速道路が運営管理しているETCカードであるという点です。

 

いずれも審査や年会費などはなく、デポジット(チャージ)形式のクレジットカードです。

 

更に、ETCパーソナルカード以外は、法人、もしくは個人事業主でないと契約出来ないものなので、個人である場合はETCパーソナルカードのみが契約出来る対象となります。

 

但し、ETCパーソナルカードのデメリットとして、最低20,000円の保証金と1,234円の年会費がかかるというものがあります。

 

合算すると、ETCカードを利用するまでに21,234円が必要になるということになるので、使い勝手という観点で見るとあまりおすすめ出来るカードではないかもしれません。

 

 

ETCカードを作るなら楽天ETCがおすすめ

数少ないETC専用カードの中で、最もおすすめしたいカードが楽天ETCカードです。

 

こちらは、あの楽天が運営管理しているETCカードで、しかも楽天スーパーポイントが100円の利用につき1ポイント加算される「使い勝手の良いETCカード」です。

 

但し、こちらも年会費が540円かかってしまう点が唯一のデメリットと言えるかもしれません。
ETCパーソナルカードと比較すると年会費は半分以下にはなるものの、クレジットカードでも年会費無料のものが多くある中で、ETCカードだけで年会費を支払うというのはちょっと損した気分になりますよね。

 

ですが、そんな楽天ETCカードでも年会費無料で使用出来る方法が一つだけあります。

 

それは、楽天カードを契約するということです。

 

楽天カードと共にETCカードのお申込みをすることで、楽天カードと楽天ETCカードの2つのカードを年会費無料で利用することが可能となります。

 

どうせ使うなら、やっぱり無料であることに越したことはありません。

 

もちろん、楽天スーパーポイントも貯まるので、高速道路でお金を支払うことでも楽天ポイントを貯めることが出来るようになります。

 

 

 

楽天カードの審査と申し込み方法

こちらをお読みの方の中には、すぐにでもETCカードを発行したいという、お急ぎの方もいらっしゃると思います。
楽天カードはクレジットカードになり、通常、クレジットカードの場合は発行までに1週間ほどかかりますが、楽天カードは3日で届いたという事例があるほど発行までのスピードが早いことで有名です。

 

但し、通常は一週間ほどかかるものなので、その点は予めご了承下さい。
運が良ければ3日ほどで受け取れると思っているくらいが丁度良いかもしれません。

 

楽天カードの審査についても、楽天カードは契約に積極的なので、審査の心配はそこまでする必要がないとも言えます。

 

審査に不安をお持ちの方は、先ほどご紹介した「ETCパーソナルカード」が審査なしで契約が可能なので、そちらを選択して頂く方が無難かもしれません。

 

以下より、楽天カード、ETCパーソナルカードのお申込みが出来ますので、是非ご覧下さい。

 

 

今すぐACマスターカードに申し込む!

 

 

 

[ トップへ戻る(←) ]